脳神経外科医の年収

脳神経外科医の年収は医師の中では平均的

一般の人はもちろん、医師を目指して勉学に励んでいる学生でも、脳神経外科医の年収は高いと想像している人が多いのではないでしょうか。
医師ですから一般会社員などと比較すれば高いことは間違いありませんが、しかし、医療業界内での比較となれば、決して優遇されているわけではありません。

脳神経外科医の平均年収は、1,200万円から1,300万円あたりと言われています。
医師全体の平均年収がこのあたりの水準となっているため、非常に高度な技術が必要な分野ではあるものの、年収に限っては平均的な金額とさほど変わらないのが現状です。

他の診療とも比較してみましょう。

例えば、一般内科は1,300万円前後が平均年収となっており、整形外科は同じ外科分野ではありますが、1,400万円前後が平均の年収額と言われています。
美容外科や美容皮膚科は開業医が多いため、平均でも1,800万円前後の年収と、比になりません。

産婦人科も1,300万円から1,400万円と、脳神経外科医と比べると若干多い年収額となっていますし、一般外科や精神科なども、脳神経外科に100万円から200万円ほどプラスした金額が平均年収となっています。

脳神経外科医よりも年収の相場が低い科目は、消化器外科や呼吸器外科、耳鼻咽喉科などに勤務医として勤めている医師たちです。
ただ、低いと言っても平均値で見れば数万円から数十万円程度の差しかなく、脳神経外科医はやはり医師全体の平均値周辺にいることがうかがえます。

脳神経外科は手術スキルで年収にかなり差が出る

脳神経外科医の年収の特徴は、上下の金額差が非常に激しいことです。
平均年収は1,200~1,300万円程度ですが、当然2,000万円や2,500万円を超える収入を得ている先生も存在しています。
中には年収が4,000万円や5,000万円を超える脳神経外科医もおり、そういった意味では夢のある分野なのかもしれません。

一方で、1,000万円を下回る年収で働いている医師がいる現状もあります。
脳という人間にとって非常に重要な器官に関わる分野にもかかわらず、1,000万円を下回る年収額はとても低いと言わざるを得ませんが、それだけ手術スキルが年収額に与える影響が非常に強いとも言えるでしょう。

これだけ手術を含めた診療スキルが年収の金額を大きく変える分野も多くはありません。
学びを続け、高度な技術を身につけることで、他の診療科目よりも高額収入が得られる可能性があるのが、この脳神経外科という分野なのです。

年収が2000万円以上はかなりの激務が予想される

収入が上がるということは、それだけの価値があるということですが、脳神経外科医の場合、年収が2,000万円以上になると、勤務環境は一変すると考えておいて間違いないでしょう。
つまり、かなりの激務を覚悟する必要があるということです。

一日に何度も重要なオペに入り、急変した患者や救急搬送された患者がいれば、それにも対応しなければいけません。
24時間常にオペができるような体制を整えておかなければならず、実際に対応する必要に迫られます。

予定通りに全てが進むわけではないのも、この分野の難しいところであり厳しいところでしょう。
まとまった睡眠時間も確保できず、しかし一切の失敗も許されないとなれば、肉体的にも精神的にも相当タフでなければ続けていくことができません。
そのような激務に耐えるからこそ、2,000万円以上という年収を受け取ることができるのです。

他の診療科目では年収に一定の上限があることも多く、しかし脳神経外科医はそれがほとんどないと考えれば、やりがいと追求のし甲斐のある分野と言えるのかもしれません。

人手が不足!!脳神経外科医の現状

脳神経外科医は若い医者が集まりにくいのが現状

若者の外科離れはとても深刻な状況にあり、その中でも脳神経外科医になろうと考える若い人はなかなか増えてこないのが現状です。
そうなってきていることには理由があります。
脳神経外科医を選択する若者が減っているのは、主に以下の理由が考えられるでしょう。

・診療技術を身に付けるまでに時間を要する
・事故や訴訟に見舞われるリスクが高い
・タフな体力や精神力も求められる

地位や収入などステータスにもある程度恵まれるため、医師に憧れる若者は決して少なくありません。
しかし、一人前になるには10年以上の歳月が必要となり、あらゆるリスクが降りかかる上に、勤務環境も決して良いとは言えない医療施設が多いとなれば、脳神経外科医を積極的に選ぶ若者が増えないのは必然と言えるでしょう。

現在の状況が続けば、この分野の医師の高齢化が確実に進んでいきます。
これは脳神経外科分野にとっては由々しき問題です。

しかし一方で、今後さらに求人ニーズが高まることが期待できるでしょう。
若い脳神経外科医の需要はすでに非常に高く、希望通りの就職先や転職先が見つかると言っても過言ではありません。
皮肉なものではありますが、就職や転職を考えた時には、非常に有利な立場となれることは間違いないのです。

脳神経外科医は医療施設以外からのニーズも高いのが現状

脳神経外科医として働くには大きな病院を中心に就職・転職するのが一般的ですが、この分野の医師としての経験を生かすことで活躍できる場は、医療施設だけにとどまりません。
脳神経外科医は手術経験も豊富であり、人体に関するあらゆる知識を持ち合わせているため、そのニーズは幅広い分野に存在していると認識しておいても問題はないでしょう。

・介護老人保健施設
・産業医
・生命保険会社などの医務職員
・製薬会社でのメディカルドクター
・基礎研究職

他の診療科目の医師であっても上記の職を選ぶことはできますが、脳神経外科医の知識と技術は他の分野と比較しても重要且つ貴重であるため、ニーズが高いだけではなく重宝されることは間違いありません。

脳神経外科ではコミュニケーション能力の高さも重要視される

コミュニケーションがあまり得意ではないと感じる若者が増えてきているようです。
脳神経外科医となるためには、このコミュニケーション能力も欠かすことができません。
医師としての必須のスキルと言えるでしょう。

脳神経外科で働く医師は、非常に複雑な手術を行い、それをチームとして成立させます。
患者への対応はもちろん、チームをどうまとめ動かしていくかが手術の成否を大きく左右するのです。
その際に必要になるのが、コミュニケーション能力です。

患者やその家族、医師や看護師等との意思の疎通が図れなければ、適切な治療方針を決めることができず、重要な手術も成功させることができません。

いくら突出したオペ技術を持っていたとしても、それが最大限発揮されるためには、他者とのコミュニケーションを欠かすことができないのです。
脳に関する診療を行うからこそ、よりこの能力が求められることも間違いないでしょう。

脳神経外科分野の医師不足にどれだけ関わっているのかについては判断が難しいところですが、コミュニケーション能力の低下傾向も、この分野を強く志す若い医師が減っていることと関係しているのかもしれません。