危機的状況から一転!?脳損傷の結果天才になった人物たち

脳は、外的要因などで損傷すると障害を残し、例えば手足が自由に動かせなくなるなどします。
脳はとても繊細であるため、転んで頭を打っただけでも歩けなくなってしまう、言葉を発せなくなってしまうなどの後遺症が残ることもあるのです。そんな中、脳の損傷により天才と呼ばれるほど特別な能力を得た人たちがいます。
何人か紹介していきましょう。

脳損傷と引き換えに音楽の才能を得た天才『デレク・アマート』


画像引用元:http://commonpost.info/?p=82341

デレク・アマートという人物は、サッカーをしている際に頭を強打し、脳震盪の症状に見舞われます。
命に別条はありませんでしたが、彼は聴力の3割以上を失う結果となってしまいました。
事故後は頭痛も度々発症し、記憶が定着しないという症状にも悩まされたと言います。

しかし、そんな後遺症と引き換えに手に入れたのが、音楽の才能でした。
それまで全く音楽に関する教育を受けてはいませんでしたが、突然キーボードを演奏し、見事な曲を奏で始めたのです。
専門教育を受けてはいないため楽譜を読むことはできず、しかし音楽への興味は尽きずに、ただただ演奏することで彼は音楽と向き合い、そしてプロになるまでに至りました。

8種類もの楽器を演奏することができるようになり、また、歌も怪我をする前と比べると格段に上手になったとのことです。
事故前は仕事もうまくいなかったようですが、音楽の才能を身につけたことによりミュージシャンという仕事に就くことができ、人生が好転したデレク・アマート氏。
まさに怪我の功名と言えるのかもしれません。

脳出血がきっかけで絵と彫刻の才能に目攻めた天才 『ジョン・サーキン』


画像引用元:http://karapaia.com/archives/52223537.html

デレク・アマート氏は怪我により才能を手に入れましたが、ジョン・サーキン氏は、病気により才能を手に入れた男として知られています。
彼を襲ったのは脳出血でした。
趣味であるゴルフをしていたところ、脳の血管に異常が発生し病院へと運ばれます。
命を取り留めるための手術が行われましたが、結果的には脳の一部を失うことになりました。

その後、彼は一変します。
突然芸術活動への意欲が生じ、それが高まり、創作活動に乗り出すのです。
彼は感情をキャンバスにぶつけたような作品を生み出す芸術家となりました。
現在では個展なども開かれ、アウトサイダーとは思えぬような価格で作品が取引されています。

それまでの仕事を辞め、絵画や彫刻といった芸術活動に専念するようになったジョン・サーキン氏は、しかし病気が原因で聴力を半分失い、視野も病気をする前と比べると狭くなっているようです。
こうした症状は一生治らないかもしれませんが、それと引き換えに芸術的な感覚や衝動を得たことは、彼にとっては良かったことなのかもしれません。

脳損傷と引き換えに超記憶を授かった男性 『オーランド・セレル』


画像引用元:http://karapaia.com/archives/52223537.html

野球をしている最中、ボールが頭にぶつかり、それにより超人的な記憶力を手に入れた人がいます。
オーランド・セレル氏です。
その出来事が脳に何らかの障害をもたらし、そして脳内の構造の変化によって飛び抜けた才能が生まれたと考えるのが自然でしょう。

野球のボールが頭部を直撃した際は、さほど大ごとにはならなかったようです。
すぐにプレイへと戻ったと言われています。

その後激しい頭痛に襲われましたが、彼に才能が備わったのは、その直後とのこと。
目で見たものを瞬時に記憶できる自分に気がついたのです。

彼は一瞬だけ見た景色を絵に描き起こすことができるようになりました。
技術的に長けているわけではないものの、その情景はとても正確に対象を表現しています。
とても記憶を頼りに描いたとは思えません。

また、オーランド・セレル氏は過去の年月日と曜日を結びつける能力を備えましたが、それと同時に、未来の年月日と曜日を結びつける能力も身につけています。
恐ろしいほどの記憶力があるからこその能力と言えるでしょう。

人生の破壊をきっかけに数学力を授かった男性 『ジム・キャロロ』

脳を損傷することで超絶な記憶力が備わったという例はいくつもありますが、ジム・キャロロ氏の場合には、数学という特定の分野にその能力が発揮された点で特徴的なのかもしれません。

彼がまだ14歳だった頃、事故に遭ったのですが、それは母親を亡くすほどの大きなものでした。
彼自身も脳損傷を負い、死を覚悟しなければならない状態だったと言います。

しかし、彼は亡くなるどころか、事故前には一切興味のなかった数学に関心を寄せ、しかも習ってもいない数学の問題を解き、周囲を驚かせます。
同時に記憶力にも優れ、数学のテストには何の苦労もしなくなったそうです。

計算してそのような状態や才能を手に入れたわけではありませんが、脳は壊れた部分を補うようにできており、そうした脳の特性がこのような事例を生んでいることは間違いありません。
まさに一発逆転の出来事であるとともに、脳の素晴らしさや不思議さを再確認するには十分な事例であると言えるでしょう。

RelatedPost