脳神経外科の最前線で活躍するロボットたち

医師の中でも特別な技術を備える人は「神の手」を持つとも言われ、多くの命を救う結果につながっています。
今後は、ロボットがその「神の手」の役割を発揮してくれるかもしれません。すでにロボットによる手術はあらゆる分野で応用されてきていますが、脳神経外科分野も例外ではないのです。

信州大学脳神経外科の手術用ロボット開発における取り組み


画像引用元:http://wall.kabegami.com/detail/511732538/手術用ロボット

信州大学附属病院は、ロボットを積極的に導入し、臨床においてもその技術を用いた手術を多数行っています。
脳神経外科でロボットの導入を検討した時期は非常に早く、1990年代からその考え方を取り入れていました。

脳腫瘍の摘出手術を実際に初めて行ったのは、「NeuRobot」と呼ばれるロボットです。
2002年のことでしたが、脳腫瘍を摘出するという非常に高度な手術にロボットを採用したのは、世界でも例を見ない試みでした。
その後も同様の手術をロボットにより行いましたが、いずれも成功を収めています。

ただ、その時点でパーフェクトだったわけではなく、少しずつ問題点を解決しながら、ロボットの技術等を改良していったことは言うまでもありません。

そんな中で開発されたのが「EXPERT」と名付けられたロボットです。
こちらも実際に患者を相手にしたオペで使用されました。

信州大学脳神経外科はこのような取り組みを通じて、ロボットの研究開発にも力を入れ、脳神経外科分野のロボットの活用及び普及の可能性を格段に広げることに貢献しています。

市販化されたロボットたち

脳神経外科の手術に使用できるロボットのうち、実際に市販化されたものを紹介していきましょう。

『Neuro mate』

脳神経外科のオペには、脳の中のある特定の部分にアプローチしなければならない手術がありますが、そうした手術を安全に且つ正確に行うためのロボットが『Neuro mate』です。
このような定位脳手術を確実に行うことができるため、『Neuro mate』は“定位ロボット”とも呼ばれています。

神経内視鏡法にも活用できるなど多様な使い方が可能で、脳神経外科手術に大きな貢献をしたことでも知られています。
手術の成功率を上げることにも寄与しており、これにより安全性のみならずコストの面でも医師や病院にとっては大きなメリットとなっています。

『Evolution 1』

神経内視鏡を握り固定するためのロボットが『Evolution 1』です。
手術の際、内視鏡をいかに正確で、且つ医師の操作しやすい位置で握り固定するのかが、手術の成功に大きく変わってくることは言うまでもありません。
それを助けてくれるのがこのロボットというわけです。

ただ、残念なことに、『Evolution 1』は市販されたものの、現在は生産されていません。
どのような経緯で生産が中止されたのかはわかりませんが、限られたスペースで使用するには少々サイズが大きく、技術とはまた別のニーズにうまく応えられなかった可能性があります。

しかし、脳神経内視鏡手術に大きく貢献したことは事実であるため、今後はあらゆるニーズに応えられるような後継機が出てくることは間違いないでしょう。

研究段階のロボットたち

脳神経外科分野で活用可能なロボットの研究はまだまだ続けられています。
現在どのようなロボットが開発されようとしているのかをチェックしておきましょう。

『Neuro Arm』

ロボットの遠隔操作による手術は医師や患者の負担を大きく減らすことが期待されていますが、『Neuro Arm』はそうしたロボットの一つとして、カナダカルガリー大学の教授の元で研究と開発が進行している状況です。

顕微鏡を活用して行う脳神経外科手術をこのロボットに担ってもらおうという計画です。
負担を減らす以外にも、正確性も向上すると考えられています。
すでに臨床においても使われており、市販化までの道のりは順調に進んでいると言えるでしょう。

『MM1』

ロボット技術における研究と開発は、日本も負けてはいません。
東京大学で開発が進められている脳神経外科用のロボットが『MM1』です。

脳の深部の手術は非常に難しいのですが、それをできるだけ容易に行えるようにする目的で、この『MM1』の開発が打ち出されました。
顕微鏡による遠隔操作という点では上で紹介した『Neuro Arm』と同様ですが、よりきめ細やかな作業が可能となるよう、このロボット専用の摂子も共に研究と開発が進んでいる点に違いがあります。
市販化すれば、これによりまた多くの患者が救われることは間違いありません。